櫻舞う蒼き天へ

TW2内のキャラクターである『秋浜・春哉』のブログです。                                             興味のない方、なりきりなどが苦手の方などは立ち去ることをお勧めします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道しるべ

このブログでのSSまたはプロフィールなどは多くのアンオフィを含みます。
なので、観覧の際にはそれらをご了承の上ご覧ください。


なお、プロフィールは至極稀に更新されます。

SS内で登場する武器、およびその設定の多くは下記のサイトからお借りしています。

サイト名:金属のディソナンス 

 img124.gif
個人企画
アンオフィが最大級です。むしろ、銀雨の設定なんてありません。
http://akihama.blog52.fc2.com/blog-entry-71.html

秋浜春哉プロフィール (5/30更新)
アンオフィ多々あります。観覧には注意を
http://akihama.blog52.fc2.com/blog-entry-29.html

秋浜春哉 自室
http://akihama.blog52.fc2.com/blog-entry-28.html

使用武装資料
http://akihama.blog52.fc2.com/blog-entry-64.html

秋浜家
http://akihama.blog52.fc2.com/blog-entry-27.html

============================================================
 ブログ内にある画像は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はイラストマスターに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================

スポンサーサイト

現状報告と墓参り

桜が咲き誇る四月の中旬。
春哉は一人、手桶、柄杓を持って二つの墓の前に立つ。
その場に膝をついて中腰になり、笑みを浮かべた。

「遅くなったな……義父さん、母さん」

その二つの墓にはそれぞれ「秋浜秋雪」、「東雲春儚」と小さく刻まれていた。
今日は、春哉の実母である春儚の命日だった。

はじめての……?

これは酷いと思った背後の妄想。


むしろ背後は病気。
そして、短め。これでもかとくらい短い

あらすじ。
春哉と螢なお話。

春哉がコーヒーを飲んで待ったりしていると、慌てたように螢がやってきたが……?

無題

病室をのぞくと患者はも抜けの殻だった

とある医者の書記

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。